秘密の妊活日記~私と赤ちゃんが出会うまで~

妊活で分かった夫の無精子症からの奇跡を書いたブログ

妊活〜顕微受精 第二ラウンド〜

 

あぁ、、、

ありがとう、、、

これからも大切にします。

私の愛しい体よ、、、

 

f:id:mayumaruu:20191122002712j:image

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

なんの狂いもなく

スケジュール通りにピッタリとくる

私の生理。

これは、とてつもなく

ありがたい事、、、

 

 

 

いよいよまた治療がスタートする

 

 

 

2度目という事で

スケジュール調整。

いつ休みを取らなくてはならないのか?

いつ採卵になりそうなのか?

なんとなく想像ができる

 


その為の仕事調整を

今のうちにしておかなくてはならない。

 


私は治療をしている事を

家族にも

友達にも

同僚にも

先輩にも

後輩にも

実家の猫にも

打ち明けていない。

 


言ったらきっと

仕事は休みやすくなるのかもしれない。

でも

言ったらきっと

休みにくくもなるのかもしれず。。。

私は言わないと決めた。

 


そのため

仕事の休みをとるのに一苦労。

嘘をつかなくてならない。

 


体調を崩すフリをする

家族が体調を崩すフリをする

 


不妊治療の中で

心の底から

大変で嫌な作業。。。

 


この作業は働きながら不妊治療をしていて

私のように隠している

女性の皆が感じているストレスだと思う。

 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 


生理3日目

 


もう、このクリニックの

受付さんも、看護師さんも

何となく皆んな顔を覚えた。

それだけたくさん通ってるってこと

 


まずは

ホルモン値の

血液検査

 


このクリニックのすごいなーって

感じる所、

とにかく注射を打つのがスコブルうまい事。

大抵の看護師さんは

うますぎて

注射の痛みがほとんどわからない。

これは受ける側にとって

とてもありがたい事。

 


血液検査の後は

子宮の状態の確認。

 


例のイスに座るのも慣れた。

ヒョイ、ヒョイって脱いで

ペコンと座る。

 


慣れというものは、、、

たいへんおそろしい。

 

 

 

〝子宮に腫れもないし 大丈夫そぅだね〟

 


〝予定通り自然周期で行きましょう〟

 

 

 

先生の号令で2度目の治療が

いよいよスタートした。

 


自然周期の為

次回の来院は7日後!!!

 


前回の低刺激周期とは

この時点ですでに違った!!

 


薬も飲まないし

午前中に来なくちゃいけない事もない!

なんだか

とっても楽に感じてしまう。

 


7日後か、、、

7日間は何も考えず

ゆったりと過ごしたいと思う。